雑記

アイアンマンのラストシーン・感想・ネタバレまとめ!

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

アイアンマンは、2008年に公開されたマーベルスタジオの映画で1作目から注目の作品です。

特にマーベルヒーローが好きな方は、初代作品から順に見るのがおすすめ!

トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)、オビー・ステイン(ジェフ・ブリッジス)、ペッパー・ポッツ(グウィネス・パルトロー)などの俳優人が出演し、アイアンマン完成までのストーリーが繰り広げられます。

今回は、アイアンマンのラストシーンをネタバレありでご紹介しますので、これから見るという方はご注意ください。

 

アイアンマンのラストシーン

トニーは、アイアンマンのアーマースーツがテロ組織に流れていることに疑問を感じます。

そこで調べてみると、以前トニーの部下である「オビー」という男にたどり着きます。

オビーとは、一時的にトニーの会社でCEOについていた人物です。

そのオビーがテロ組織と関わりを持っていること、そしてトニーが開発した武器をテロ組織に流していることを突き止めるのです。

オビーは、アイアンマーク3のスーツをマネて研究者たちに作らせていましたが、肝心の「アーク・リアクター」の製造がうまくいきませんでした。

そこでオビーは、トニーの「アーク・リアクター」を奪い、アーマースーツを完成させてしまします。

「アーク・リアクター」を奪われたトニーは、旧型の「アーク・リアクター」を装着してなんとか命を繋げていますがそんなトニーの前に、アーマースーツを完成させたオビーが立ちはだかります。

とうとうトニーとオビーの戦いが始まってしまいました。

結末は、ご存知の通りトニーの勝利です。

自社で起こった出来事を記者会見でトニーが説明していますが、その時に記者から「アイアンマンの正体とは?」との質問があります。

トニーは、「自分がアイアンマンである」と明かしたのです。

 

 

アイアンマンの感想・評価

 

 

 

関連記事アイアンマンの伏線回収まとめ。トニーのアイアンスーツはここから始まる

アイアンマンは、2008年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の記念すべき第一作目。 この作品には、今だからこそ繋がる伏線がたくさん盛り込まれています。 今回は、アイアンマンの伏 ...

続きを見る

 

関連記事アイアンマンの小ネタ・感想まとめ!マーベル映画名シーンも紹介

アイアンマンの小ネタについてご紹介します。 テロ組織の「テン・リングス」 アニメ・アイアンマンのテーマ曲のアレンジが流れている ギャラの関係で出演俳優の交代 アイアンマーク1のスーツの重さは45kg ...

続きを見る

-雑記
-