転職

転職が決まらない。無職期間が長いと採用が不利になる?理由と対処法は?

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

アスクちゃん
転職が決まらないまま無職になってしまった。

このような悩みがあると、転職に対するモチベーションが上がらなくなってしまいますよね。

無職期間が長ければ長いほど不安な気持ちが大きくなりますが、無職期間が長いことで転職が不利になることもあります。

今回は、

  • 無職からの転職が不利になるって本当?
  • 転職が決まらない原因とは
  • 無職期間があっても納得できる理由

こちらの内容についてご紹介します。

 

転職が決まらない!無職からの転職が不利になる理由

アスクちゃん
転職が決まらない・・・無職期間が長いと転職が厳しくなるって本当なの?

このようなことを聞いたことがある方もいると思います。

転職が決まらずに無職期間が長いことで、企業側に与えてしまう印象について解説します。

 

欠点や問題があるのではと思われる

転職が決まらずに無職期間が長期にわたり続くことで、企業側は

「この人はなぜ無職だったのか」

「転職できないことには何か理由があるのでは・・・」

という印象を持たれる可能性があります。

その原因として挙げられることは、

  • 働くという意識が低い
  • 人間性や性格に問題がある
  • 仕事に慣れていない
  • 業務を行う感覚が鈍っている

このような印象を持たれてしまう可能性があります。

特に無職期間が長い方は、企業側にマイナスな印象を持たれてしまうかもしれません。

 

仕事に対してブランクがあると不利に思われる

企業側にプラスになるようなスキルや経験を持っていたとしても、同じレベルのスキルや経験を持ち合わせた2人がいるとして、企業側はブランクがない人を選ぶでしょう。

アンサーちゃん
特に問題なく無職期間が長くなってしまったとしても、企業側からみると良い印象は与えません。転職が決まらない方は、無職期間に行っていたことなどをアピールするといいでしょう。

「ブランクがあるだけで仕事に対しての意欲はあるのに」と思うかもしれません。

しかし、企業側は給料を出して雇うわけですから即戦力になりそうな人を採用したくなりますよね。

人気の企業に転職を考えているなら、他の人に差をつけるためのスキルやアピールできるポイントを考えておかなければいけません。

 

仕事に対しての意欲が低下しているのでは?と思われる

無職期間が長いことで「仕事に対しての意識が低下しているのでは?」という印象を受ける企業もあります。

先の述べたように、無職が長いということは何かしらの欠点や問題を抱えている、仕事に対する意識が低いなど、人と比べて評価をしてしまうところもあるかと思います。

アンサーちゃん
特に問題なく無職期間が長くなってしまったとしても、企業側からみると良い印象は与えません。転職が決まらない方は、無職期間に行っていたことなどをアピールするといいでしょう。

 

計画的に転職活動をしていないと捉えられる

転職活動を始める際に、スムーズに進むように初めは計画的に行う人が多いと思います。

しかし、計画通りに進まないのが転職なんです・・・

仕事をする中で計画性を持って行動することは当然だとは思いますが、計画通りにいかないこともあります。

転職活動がうまくいかずに決まらない時には、アピール方法を変えて転職活動するといいでしょう。

 

転職が決まらない原因と理由

アスクちゃん
長い間無職期間が続くと仕事に向いていないのでは・・・と思ってしまう。転職が決まらないのは、自分に原因があるのかな?

このような悩みを抱えている方は少なくありません。

転職が決まらない原因や良くある理由について見ていきましょう。

 

ビジョンが明確ではない

「転職をしたい!」というビジョンがあっても、

  • どのような職につきたいのか
  • 将来はどのような暮らしがしたいのか
  • どれくらい稼ぎたいのか
  • 休日がどれくらい欲しいのか

など、自分が求めるビジョンを明確にしましょう。

前職よりも給料が欲しい、給料よりも福利厚生を充実させたいなど、このようなビジョンにしても転職の幅は絞られます。

理想は高すぎるとなかなか転職先が見つかりませんが、

「とりあえず転職したい」

と考えている方は、理想が高くなっもいいのでビジョンについて考えてみましょう。

 

転職先に自分の長所を伝えられていない

転職先に自分の長所や魅力をしっかりと伝え切れていない方も、転職がうまくいかない原因の一つです。

転職先に志望動機を伝える際には、

  • 企業が得られるメリット
  • 起業にできる貢献
  • 企業が求めるスキルや経験を持っている
  • 自分が目指すビジョンついて

自分の長所を伝える際に、企業がどのような人材を求めているのかをしっかりと理解することが重要です。

自分のスキルや経験を伝えても、企業が求めていないことを伝えていた場合

「そのスキルはうちでは発揮できなそうだ」

と思われてしまい、採用にまで至らない可能性があります。

自分の強みを伝える際には、企業が求めるビジョンや人材を研究するところから始めましょう。

 

転職分野が決まっていない

「転職したい」という考えだけでなく、自分が働きたい分野を絞ることも大切です。

アンサーちゃん
転職分野が決まっていないと、転職希望の企業がたくさんありすぎて選べませんよね。自分が働きたい分野・スキルや経験を活かせる分野を把握して、転職先を絞りましょう。

いろいろなことに挑戦したい方は、

  • 一番気になる分野
  • 自分のスキルや経験が活かせる分野
  • 興味があること・好きなこと
  • 将来どのように働きたいのか

このようなことについて考えてみましょう。

いろいろなことに挑戦したいという積極的な姿勢は大切ですが、企業に転職して続かなければ意味がありませんよね。

自分の好きなこと・興味があることをまとめてみたり、スキルや経験を活かせる分野に絞ってみることで転職したい分野を決めることができます。

 

転職したいと思っていない

「なんとなく転職したい」と考えて、転職活動を始めた方もいるでしょう。

明確な理由がなく転職活動を始めた方は、「暇だから転職サイトを見てみる」くらいの気持ちで探していませんか?

「今の職場に不満はないが、そろそろ転職の時期かな?」

「飽きたから別のところで働こうかな」

という理由で転職活動を始めているなら、次の職場でも同じことの繰り返しになることも想定されます。

アンサーちゃん
転職を考えていても無職になってから“決まらない”と焦るとなかなか決まらないものです。まだ職についているのであれば、転職についてもう一度考えてみましょう。

 

無職からでも転職先に納得してもらえる得る理由とは?

アスクちゃん
無職からの転職は難しいと言われても、もう無職期間長くなっちゃったし・・・このままだと転職できないってこと?

そんなことはありません!

もちろん、無職期間が長いことで転職が厳しくなってしまいますが、無職期間があっても転職際に納得してもらえる理由をしっかりと伝えることが大切です。

 

資格を取るために勉強をしていた

転職が決まるまでの期間は資格を取るために勉強していた方は、そのことについてしっかりと企業に伝えましょう。

資格を取るために勉強したていたことはマイナスな印象にはなりません。

スキルや資格を取得するために行動していた、という事実があるので企業側にはプラスのイメージを与えることができます。

 

ボランティア活動をしていた

ボランティア活動に励んでいた場合も伝えるべきです。

転職先とは無関係のボランティアであっても、「知人にすすめられて」や「頼まれて」という理由でもOKです。

大切なことは、ボランティア活動を通してどんなことを得られたのか、どのような人に出会いどのような経験をしたのか、ということをアピールすることです。

アンサーちゃん
ボランティア活動をしていただけのアピールでは、企業にプラスな印象を残すことはできませんので注意しましょうね。

 

アルバイト・派遣社員として働いていた

無職期間何もしていないのではなく、アルバイトや派遣社員として働いていた場合も転職先に伝えることができます。

正社員としての無職期間が長いだけで、働いていたことをアピールすることで「働く意思がある」「働くことに対してブランクがない」ということを印象付けることができます。

アンサーちゃん
先に述べたように、転職先が無職の人を採用しない理由として“働く意思がない”などの理由がありましたね。アルバイトや派遣として働いていた経歴があるなら、働く意思を伝えることはできます。

 

語学の勉強のため留学をしていた

語学を勉強していた・ワーキングホリデーで海外に行っていた、ということについてもプラスなイメージを残すことができます。

無職の期間中自分のスキルになるようなことを行い、多くの経験とスキルを学ぶことができます。

また、転職先が英語も必要な場所であればアピール材料にもなりますよね。

最近では、海外の方も多く日本語だけよりも英語で対応できることは、とても重要なスキルになるでしょう。

 

無職期間が長く転職が決まらない時の対処法

転職が決まらない人、無職期間が長くなってしまった人は、以下のことを試してみましょう。

 

転職エージェントに登録する

転職エージェントを利用することです。

転職エージェントは、プロに相談しながら自分に合った転職先を探すことができます。

アスクちゃん
既に転職エージェントを利用しているよ・・・それでも決まらない人はもう手がないのか・・・

そうではありません。

転職エージェントを利用しているのに転職先が決まらない方も少なくありません。

しかし、中には「転職エージェントに登録すれば転職先が決まる」と考えている方もいます。

転職エージェントに登録したからといっても、すぐに決まるわけではありません。

相談しながら一緒に決めることができますが、最終的に判断するのは本人であることをしっかりと理解しましょう。

または、利用している転職サイトがあっていない場合や、担当者と合っていない場合も考えられます。

なかなか決まらない、転職先を紹介してもらえない場合は、利用サイトを変えることも検討しましょう。

 

アルバイトをしてお金が減らないようにする

無職期間が続きそうなら、アルバイトをして貯金が減らないようにすることも大切な行動です。

生活をするためにお金はどんどん減っていきますので、焦りとストレスから転職先が決まらないということも良くあること。

そうならないために、気持ちの余裕を持って転職活動をしましょう。

 

資格などの勉強をする

無職期間が長いなら、自分のスキルアップのために資格を取ることも検討してみてください。

転職先の面接で「無職期間中は何をしていたのか」という質問にも困ることなく、スムーズに答えることができます。

 

転職が決まらないず無職が続いたら一度見直すことも考えるべき

転職が決まらずに無職になってしまったら、できるだけ早く転職先を決めることが大切です。

なかなか決まらずに無職期間が長くなってしまったら、これまでの自分の行動を再度確認してみましょう。

闇雲に転職活動をしていても転職先は見つかりませんので、自分の好きなこと・興味があることなどをまとめて見たり、将来どのように働きたいのかをいうビジョンを明確にすることで転職先を絞ることもできます。

または、転職エージェントを利用することもおすすめです。

1人で活動しているよりも、プロに相談しながら転職先を決めることで自分に合った場所を見るけることができるでしょう。

 

関連記事転職が決まらなくて焦る原因は?うまくいかない・面接に疲れた時に実践すること

転職活動をしていると、上手くいかないことが続くこともあります。 なかなか決まらずに「自分を必要としてくれる企業はないのでは・・・」、「既に仕事を辞めてしまっているから余計に焦る」など悩みが増えますよね ...

続きを見る

関連記事転職失敗で無職になった人が絶望から抜け出す方法。リスク回避もすべき

転職は、希望する職種や条件に合う求人を見つけ、面接や選考を通じて内定を勝ち取ることです しかし、転職に失敗した場合は、無職になる可能性も考えなくてはいけません。 無職になってしまった場合は、焦らずにま ...

続きを見る

-転職
-