転職

起業に失敗。転職に挑戦する際のメリット・デメリットを解説

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

「起業に失敗した・・・」

失敗したことは精神的・体力的にもボロボロになるでしょう。

「起業に失敗したからもう仕事はできない」

「何をすればいいのか分からない」

失敗した当時はこのような心情になる方も多いでしょうが、失敗したら終わりではありません。

どんな状況においても、自分自身が諦めない限りなんとかなります!

こちらの記事では、起業に失敗して転職を考えている方に向けての内容です。

また、これから起業したいと考えているは、万が一失敗したときの行動についてご紹介します。

 

起業に失敗する人はどんな人?

まずは、起業する際に失敗しやすい人の特徴について解説します。

 

明確な目標がない

起業する際は、目標設定は重要ですよね。

目標なくはじめてしまうことは、とても危険です。

起業するには利益を上げることはもちろんですが、どんな会社にしたいのか・どんな働き方を目指しているのか、など細かい目標を設定することで行動を起こすことができます。

目先の利益ばかりに目を取られてしまっては、将来性が見えてこないので失敗する可能性は高いです。

 

自信過剰な人

初めにお伝えすると、「自信過剰な人は起業に失敗しやすい」と一概には言えません!

むしろ、自信がないと起業を起こすことすらできないので、自信を持つことはとても重要です。

しかし、失敗する可能性があることも理解しておく必要があります。

自信過剰な人の特徴として

  • 自分の意見やスキルを過大評価しすぎる
  • 自分は絶対に成功できると信じている

このような特徴を持っています。

そのため、自分の行動や意見を客観的に見ることができず、冷静な判断を欠いてしまう可能性があります。

アンサーちゃん
経営者は課題を解決するためのリーダーシップや戦略・意思決定が大切です。自信過剰な経営者は、自分自身の盲点や限界を認識できず課題解決が難しくなることもあります。

 

一人で行動し続ける人

一人で行動し続ける人が起業に失敗するとは限りませんが、一人で起業することはいくつかのリスクもあります。

  • 自分1人の知識やスキルのみになってしまう
  • 1人では仕事量と時間が限定されてしまう
  • モチベーションの維持が難しい
  • ネットワーク不足になりがち

起業する際には、様々な知識が必要になります。

一人で行動する場合、全ての分野に精通する知識とスキルでは難しい可能性もあります。

また、起業は通常の仕事とは違い多くの労力や時間が必要です。

全てを一人でこなすには、限られた時間を効率的に管理することや計画的に業務を行うスキルが非常に重要です。

 

周りの目を気にしすぎる人

周りの目を気にしすぎている人も、起業に失敗しやすい人の特徴です。

例えば、

  • 決断が遅れてしまう
  • リスク回避してしまう
  • 自己表現ができない

周りを気にするあまり、決断が遅れてしまう可能性があります。

起業する際には決断のタイミングも非常に重要なので、一つの決断が遅いことで他の業務にも影響を及ぼす可能性があります。

また、リスクを恐れて安全な道ばかりを選んでいては会社の成長を妨げてしまう可能性もあります。

新しいものへの挑戦や新しい商品の開発など、時にはリスクを負って挑戦しなければいけない時もありますよね。

また、周りの目を気にしすぎて、安全圏ばかり選んでいては社員の成長も妨げてしまうことも理解しましょう。

 

友人や知人と共同で起業をする人

友人と共同経営する場合は状況によりますが、起業に失敗する可能性も考えられます。

その原因は、

  • ビジネスにおける明確なコミュニケーションが取れていない
  • 役割分担ができていない
  • 利益分配についてできていない
  • 友情のもつれ

友人としての関係は良好であっても、ビジネスにおける関係は別物です。

ビジネスにおいての明確な目標や役割・利益・決定事項などについて明確なコミュニケーションが取れていない場合、失敗する可能性もあります。

また、起業失敗から友情のもつれに発展する可能性もあるので、友人と起業する場合はよく話し合い、明確にすることが大切です。

 

資金力や計画性がない

資金力や計画性がないと、起業に失敗することもあります。

しかし、こちらにおいては必ずしも失敗に終わるとも考えにくいです。

失敗する原因としては、

  • 資金力の欠如
  • 計画性の欠如

こちらに限りますね。

しかし、資金がなくなり計画的に進まなかったといても、失敗せずに立て直す人は、

  • 創造性と柔軟性がある
  • 決断力がある
  • リソースの活用ができる

一つの考えに執着せずに、斬新でクリエイティブな考えや新しいアイディアを生み出すことができれば、最大限に資金を活用することができます。

また、資金や計画性に関しても決断力が大きく影響します。

不足分を活用できるもので補いながら、上手く運用することで立て直すことができる場合もあります。

 

起業に失敗したら転職を考えてみよう

アスクちゃん
起業に失敗したら仕事は諦めるしかない・・・この先どうすればいいの?

起業に失敗したことで、「人生どん底」と思いますよね。

しかし、そこで終わりではなく、これからのことを考えなくてはいけません。

「起業した」という経験は自分の財産となり、これからの仕事に役立つスキルを得られる場合もあります。

アンサーちゃん
起業した際のスキルや経験を活かすために、転職を考えることもおすすめですよ。

転職は、様々な職種から自分に合った企業を選ぶことができます。

現在持っているスキルや経験を活かした職業を選ぶこともできますが、起業した際に足りないと感じたスキルを学ぶこともできます。

もちろん、貯金を増やすために軽い仕事をしながら今後のことを考えるのもいいでしょう。

起業したということを自分の中で上手く処理し、さらなるステップを踏んでみましょう。

 

起業に失敗して転職をするメリット

アスクちゃん
起業失敗して転職するメリットって何かある?もう仕事を探す気にもなれない・・・

起業は軽い気持ちでできないことなので、労力や精神的ダメージが多く次のことについて考えられなくなりますよね。

しかし、「仕事はしなくちゃいけない」と考えると、さらに精神的ダメージが。

生活するために仕事は大切ですが、転職することで以下のようなメリットもあります。

 

スキルアップすることができる

起業失敗したことで、何が足りなかったのか・どんなところがいけなかったのか、という課題も見えてくると思います。

会社経営するためにはマーケティング・営業・経理などが必要になり、起業する際にはどの分野もある程度の知識が身につきますよね。

しかし、どの分野に精通しているかと問われると「どれも詳しくはない」という答えになりがちです。

再出発する際には、自分の持っているスキルや経験を活かした転職先を探すことで、特定の分野に特化したスキルを磨くことができます。

また、一つの分野に特化して仕事を行うことで時間に余裕ができ、さらに自分で学ぶ時間を作ることもできるでしょう。

 

収入を得ることができる

転職することで、安定した収入を得ることができます。

こちらが最大のメリットと言えるでしょう。

起業した際には、仕事が安定するまで収入が見込めない時期が続きますが、就職すれば安定した収入を得ることができ、精神的な安定も得られます。

 

「起業した」という経験を活かせる

起業した経験は誰もができるわけではありません。

起業した経験は大きな財産となり、その経験を活かすこともできます。

しかし、就職の際に「起業に失敗した」ということを前面に出してしまうとネガティブなイメージにもなりますので注意が必要です。

面接の際に「事業を立ち上げたのに、なぜ就職しようと思ったのか」という質問をされることもあるでしょう。

その際には「失敗した」と答えるのではなく、「会社員として再出発を考えたためです」などポジティブに伝えることが大切です。

 

転職先によって起業は副業としても続けられる

転職先によっては、起業して始めた事業を副業として続けられる場合もあります。

起業に失敗したからと言って、完全に諦めることは難しいですよね。

そんな時には、両立して続けられる道を選ぶことも可能です。

 

企業に失敗して転職するデメリット

アスクちゃん
起業に失敗して、また再就職を考えるのは正直しんどい。

このように感じる方も多いでしょう。

転職するメリットもありますが、もちろんデメリットもあります。

再就職するデメリットについてもみてきましょう。

 

転職先で一から始める必要がある

転職先では、新たに再出発するので一からのスタートになります。

新たにスキルを磨き、経験を積み上げていかなければいけないので、自分の年齢も考えた上で転職先を決めなければいけません。

 

周りに起業失敗ということが広まる

事業を諦めるということは、周りにも「起業に失敗した」ということが広まってしまうでしょう。

隠すこともできないので、この場合は新たに再出発することを前向きに考えポジティブに行くことが大切です。

 

起業に失敗しても転職して新たにスタートするのがおすすめ!

起業失敗後に転職する道を選ぶメリット・デメリットについてご紹介しました。

転職は、年齢や経験問わず、いろいろな職業を選ぶことができます。

自分の好きな分野や学びたいことがあるなら、それに合った就職先を選ぶことでスキルアップを目指せます。

また、安定した収入を得ることができる最大のメリットがあります。

近年では転職をする人が増え、一人一人の働き方が多様化しています。

新たに就活することは面倒に感じるかもしれませんが、転職先はたくさんあるので自分のペースでいろいろな求人を見ることから始めてみてはいかがでしょうか。

関連記事1年以上転職が決まらなくても諦めないで!今すぐ実践してほしい6つのこと

こんな悩みを抱えた人は多いのではないでしょうか。 「転職をしよう!」と決めた時には、自分の中でやる気が満ち溢れているので、あらゆる求人情報を見て探しますよね。 しかし、ある程度の期間が過ぎると「なかな ...

続きを見る

 

関連記事民間から公務員になって後悔したことは?転職した際のメリットも紹介

公務員は民間企業とは違い、ホワイトな印象や安定しているイメージがありますよね。 現代社会において安定を求めている人は多く、民間企業から公務員に転職を考える方も少なくありません。 安定性のある仕事は、周 ...

続きを見る

-転職
-