転職

民間から公務員へ転職後悔の真実は?失敗を避けるための教訓と対策

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

「民間から公務員に転職をするメリットって何?」

「公務員になるとどんな働き方に変わるの?」

公務員は民間企業に比べると安定しているイメージが強いですよね。

安定を求めて民間企業から公務員に転職する人が増えていますが、「転職して後悔した」という声を聞くこともあります。

安定やホワイトなイメージがある公務員に転職をして、なぜ後悔してしまうのでしょうか。

今回は、民間から公務員に転職した際のメリット・デメリット、後悔しないための教訓と対策について解説します。

 

民間から公務員に転職するとなぜ後悔するの?

アスクちゃん
せっかく転職しても後悔するのは嫌だな。

公務員に転職をする人が増えていますが、「後悔した」と感じる人は少なくありません。

後悔する理由としてあげられるものをご紹介します。

 

給料が安い

公務員に転職して給料が安いと後悔する理由はいくつかあります。

まず、公務員の給料は一般的に民間企業と比較して低い傾向があります。

公務員の給与体系は公務員法に基づいており、昇給や昇進のスピードが緩やかです。

一方、民間企業では実績や能力に応じた報酬や昇進の機会が多く、給与を上げる機会が多いのです。

アンサーちゃん
このようなことから、公務員として働くことで将来的な給与水準やキャリアの成長がが制限される可能性もあるということです。

また、公務員の給与は基本給に加えて手当が支給されることが一般的ですが、手当の支給基準や額が民間企業と比べて低い場合もあります。

特にボーナス制度が存在しない公務員の場合、年収全体が低くなることが考えられます。経済的な面での不満が生じ、生活水準や将来の計画に制約を感じる可能性もあります。

さらに、公務員の給与体系は安定性を重視しており、昇給や昇進のシステムがメリット主義ではない場合があります。

また、給料が安いと感じる一因に、努力や成果が適切に評価されず、報酬に反映されないことがあげられます。

さらに、公務員の給与水準は地域や職種によっても異なります。

特に地方自治体や非正規雇用の場合、給与水準が低くなる傾向があります。

これにより、他の地域や職種で同じ労働量や責任を持つ人々と比べて、不公平さを感じることがあるでしょう。

 

サービス残業が意外と多い

公務員の業務は一般的に定時労働制度が導入されていますが、実際には業務の特性や状況によっては残業がある場合もあります。

例えば、重要なプロジェクトや緊急時の対応など、期限や時間に制約がある業務では、残業が必要となることもあるでしょう。

アンサーちゃん
予定外の残業や仕事量の増加は、仕事とプライベートのバランスが悪くなる可能性もありますよね。

また、公務員の場合、業務上の責任や地域の福祉に関わる重要な仕事を担当することが多いため、業務量が増えることもあります。

特に人手不足や予算の制約がある場合、業務の分担が困難であり、一人の担当者が多くの業務をこなさなければならないことがあります

その結果、残業が発生し、仕事の負荷が増える可能性があります。

さらに、公務員の場合、業務の特性上、予測不能な事態や緊急時の対応が求められることもあります。

例えば、自然災害や公共の安全に関わる事象など、予期せぬ出来事が発生した場合、迅速かつ適切な対応が求められます。

 

仕事で評価されにくい

公務員の仕事は、目に見える成果や個人の貢献が直接的に評価されることが少ないので、後悔したと感じることがあるかもしれません。

公務員の業務は公共の利益や地域の福祉を担うものであり、結果としては大局的な視点や長期的な成果が求められることが多いです。

しかし、このような評価基準は一般的には主観的であり、具体的な数値や目標達成度といった客観的な指標に結びつきにくい場合があります。

そのため、自分の頑張りや成果が適切に評価されず、努力が報われないと感じることがあるでしょう。

また、公務員の昇進や昇給は定期的な評価や審査に基づいて行われますが、そのプロセスは複雑であり、公正性や透明性に欠ける場合もあります。

さらに、公務員の仕事は一般的に組織やルールに縛られる傾向があります。

業務の自由度や創造性が制限されることがあり、自分のアイデアや能力を発揮しにくい環境になるかもしれません。

 

年功序列が根付いているためギャップを感じやすい

公務員の昇進や給与制度が主に年数や勤続年数に基づいているため、個人の能力や実績よりも年齢や勤続期間が優先されることがあります。

これにより、若手や優秀な人材が十分に評価されず、成果や貢献度に応じた公正な報酬や昇進の機会が得られないと感じることがあるでしょう。

能力や意欲に応じたキャリアの成長が制限され、モチベーションの低下やキャリアの停滞を招く可能性もあります。

また、年功序列が根付いているため、組織内の横のつながりや人間関係が重要視されることがあります。

これにより、個人の実績や能力よりも組織内の人間関係やコネクションが昇進やキャリアの成長に大きな影響を与えることがあります。

さらに、年功序列が根付いていると、組織内の風通しや柔軟性が制限されていると感じることがあるかもしれません。

アンサーちゃん
また、新しいアイディアや改革・導入が難しく、組織全体の成長や効率化が阻害されている、と感じることもあるでしょう。

能力や成果に基づいた評価や報酬体系が導入されない場合、モチベーションややりがいが低下し、組織内の活気や創造性が損なわれる可能性があります。

 

仕事へのモチベーションが上がりにくい

給料が低い事・残業が多い事・仕事で評価されにくい事で仕事へのモチベーションが上がりにくいことがあります。

アンサーちゃん
仕事は結果として給料に反映され、モチベーションに繋がりますよね。公務員の場合、そのような成果が分かりにくいので“後悔した”と感じることも少なくありません。

特に民間から公務員に転職した場合、仕事の内容や上司との関係に大きな違いが見られることもあるでしょう。

仕事の結果が分かりにくい公務員は、結果を出して評価を得るのではなく長く働くことで評価を得られる傾向にあるため、新人や転職して公務員になった人は、自分自身で仕事の楽しさを見つけることが大切です。

 

公務員になるメリット・デメリット

民間から公務員に転職するメリット・デメリットについてご紹介します。

 

民間から公務員に転職するメリット

民間企業から公務員になるメリットは以下のようなものがあります。

  • 安定した雇用
  • 福利厚生の充実
  • 公共の利益への貢献
  • 平等な待遇とキャリアの成長
  • 研修や教育の機会
  • プレゼンなどのプレッシャーがない

安定や福利厚生・リストラがないなど、民間企業にはない安心感がありますよね。

また、平等や待遇とキャリアの成長に関しても、上司との関係などに問わず公正な評価が行われることも事実です。

順序に沿って確実にキャリアを形成したい方にとっては、公務員の仕事が向いていると言えるでしょう。

民間企業に勤めていた頃は、プレゼンのプレッシャーがストレスになっていた人も多いでしょう。

公務員はプレゼンの機会が少なく、主要業務ではありません。

アンサーちゃん
公務員は、報告や説明の明確さ・正確さ・公平性・合意形成などの意思決定の貢献が重要です。

これらのメリットから、民間企業から公務員に転職することは、安定した雇用、福利厚生の充実、公共の利益への貢献、公正な待遇とキャリアの成長、研修や教育の機会を享受することができると言えます。

 

民間から公務員に転職するデメリット

民間企業から公務員に転職する際のデメリットは以下のようなものがあります。

  • 給与水準の低さ
  • 昇級の誓約とキャリアの成長
  • 組織の縦割りや複雑な手続き
  • 業績へのインセンティブの欠如
  • 柔軟性や創造性の制約

まず、最大のデメリットと感じることが給料面でしょう。

民間企業と比較をすると低い傾向にあることや、年功序列が主体となるため仕事を頑張っていても評価されにくいこともあります。

また、業務内容によりスピード感が重要な場合もありますが、公務員の場合手続きやプロセスが存在することもあり、非効率と感じることもあります。

アンサーちゃん
デメリットは、後悔したと感じる内容と似ている部分が多いですね。

 

民間から公務員へ転職して後悔しないためには?

それでは、公務員に転職して後悔しないためにはどうすれば良いのでしょうか。

転職をする前に以下のことを確認し、自分にあっているかを確かめてみましょう。

 

なぜ公務員になりたいのかを明確にする

公務員に転職することに後悔しないために、なぜ公務員になりたいかを明確にすることは非常に重要です。

  • キャリアの目標
  • 給与や福利厚生とのバランス
  • 公共の利益と貢献意識
  • 仕事内容と適合性

目標を明確にすることは、転職する上で非常に重要です。

自身のキャリア目標とやりがいやモチベーションの源になるもとを明確にすることで、自分自身の目標と一致するかを確認してみましょう。

また、転職する上で給料や福利厚生も確認すべき項目です。

公務員は民間企業と比較をすると低い傾向にありますが、安定するというメリットがあります。

仕事内容との適合性も確認し、自分のスキルや専門知識・興味関心が公務員業務と適合しているかを確認することも重要です。

これらの要素を明確にすることで、公務員に転職して後悔することも少なくなるでしょう。

自身の価値観や目標、経済的なニーズ、社会への貢献意識、仕事内容との適合性を考慮し、自己の決断をしっかりと支えることが大切です。

 

仕事内容を確認する

公務員に転職を考える場合、仕事内容を事前に知っておくことは非常に重要です。

  • 現実的な期待の設定
  • 地震のスキルや経験との適合性
  • やりがいやモチベーションの理解
  • 業務負荷や労働条件の把握

公務員の仕事内容は民間企業とは異なるので、事前に業務内容を確認しておくことも重要です。

転職前に現実的に把握することで、転職後の仕事に対するやりがいやモチベーションの確認をすることができます。

また、業務負荷や労働条件が異なる側面が存在しますので、残業の有無や予算・人員の制約・緊急時の対応などを事前に把握しておくことも重要なポイントです。

アンサーちゃん
自分自身のライフスタイルバランスと適合しているか、働き方は想像と合っているかとしっかりと確認しましょう。

公務員の業務の特性や責任、やりがいや労働条件を把握することで、より現実的な期待を持ち、自身の転職の決断を支えることができます。

 

公務員に転職する場合は業務内容の確認と、自分自身の目標を明確にすることが大切!

民間から公務員に転職をすると後悔することについてご紹介しました。

公務員に転職をする人が増えている中で、後悔したと感じる人も少なくありません。

しかし、後悔しないためには仕事に対する目標や給料面・福利厚生など、自分自身の考えと適合するかを事前に確認することが重要です。

特に、民間企業からの転職の場合、異なる場面が多いためギャップを感じることが増える可能性があります。

転職後にギャップを感じることがないように、事前にしっかりと確認し理解を得ることで後悔することも少なくなるでしょう。

関連記事エンジニア転職はやめたほうがいい?後悔する理由と対処法は?

せっかく転職するなら、後悔したくないというのが本音ですよね。 転職は簡単にできるのもではなく、それなりの時間と労力が必要です。 苦労して見つけた会社に入社したのに後悔しているなら、転職の方法が間違って ...

続きを見る

 

関連記事転職が決まらない。無職期間が長いと採用が不利になる?理由と対処法は?

このような悩みがあると、転職に対するモチベーションが上がらなくなってしまいますよね。 無職期間が長ければ長いほど不安な気持ちが大きくなりますが、無職期間が長いことで転職が不利になることもあります。 今 ...

続きを見る

-転職
-