転職

転職先が決まらなくて辛い。諦めたくなる理由と続けた方がいい人の特徴

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

アスクちゃん
転職先が決まらなくて辛い。いっそのこと諦めちゃおうか・・

「転職をするぞ!」と意気込んでいても、いざ転職活動を始めると「思うように進まない」と感じることもありますよね。

初めの意気込みは強くても、なかなか決まらないことで「もう諦めようかな…」と思うこともあるでしょう。

本当に諦めていいんですか?

転職しようと思ったきっかけや将来の考え・希望があったはずです。

  • 給料を増やしたい
  • 福利厚生が良い職場に就きたい
  • 昔からの夢を実現したい

このような希望や夢はなくなってしまいます。

今回は、転職をが決まらず諦めたくなる理由と、諦めたときに感じることなどについてご紹介します。

 

転職が決まらない。諦めたくなる理由は?

「転職が決まらないから諦めようかな」

このように転職がなかなか決まらずに、諦めようとしている方は少なくないでしょう。

「自分の思うように進まず予定が狂った・・・」という方もいるはずです。

こちらでは、転職を諦めたくなる理由についてみていきましょう。

 

自分が望む転職先が見つからない

「転職活動を始めてみたけど、自分が望む転職先が見つからない」

このように自分の希望条件に合った転職先が見つからない場合、転職を諦めたくなることがありますよね。

応募したい企業が見つかっても、「この条件だと厳しいな」と諦めざるおえない状況の場合もあります。

例えば、

  • 年齢制限
  • 休日
  • 福利厚生

など、自分の中で譲れない条件がありますよね。

このように自分に合った転職先が見つからないと、諦めてしまうケースがあります。

 

不採用が続いている

「応募しているのに採用されない・・・」

色々と応募しているのに、「採用」の通知ではなく、「不採用」の通知ばかりで諦めたくなることもあるでしょう。

アスクちゃん
何がいけないんだろう・・・採用されないのは自分だけ?

このようにマイナス思考になってしまうこともあります。

転職活動をしていて、不採用の通知がこないのもなかなかしんどいですよね。

このようなパターンも転職活動を諦めたくなる理由の一つになります。

しかし、世の中ではどれくらいの確率で書類選考が通過するのかご存知ですか?

応募から内定までの選考通過率は30〜50%だそうです。

引用:マイナビ転職

以外にも低い確率なのに驚きですよね。

10人同じ企業に応募したとして、内定をもらえるのは半分以下ということになります。

アンサーちゃん
自分だけ・・・と思わずに、たくさんの人が同じような悩みを持っていることも理解しておくといいですよ。

 

現職と転職活動の両立がしんどい

転職は、現職を続けながら同時に行っている方もいるでしょう。

しかし、どちらも片手間にならないようにこなすのは正直大変です。

アンサーちゃん
どちらも手を抜けない大切なことなので、“両立は難しいから転職は諦めるか”と思うかもしれません。しかし、転職活動ををしている人の80%以上が仕事をやめずに転職活動をしているのです。

引用:「転職活動実態調査」エン転職

この結果を見ると、ほとんどの人が両立をしながら転職活動をしていることがわかります。

しかし、大変・しんどいと思うのは、みんな同じ・・・

それでも、転職が上手くいかなかったときのことを考え、両立して行うのが安心ですよね。

 

転職したい理由がわからなくなる

長く転職活動を続けていると、「なぜ転職をしたいのか」という理由がわからなくなることもありますよね。

そうなると、「もう諦めようかな?」という気持ちにブレてしまいます。

「内定が欲しい」

「今よりも給料アップしたい」

「休みが欲しい」

など、それぞれの転職理由があったとしても決まらなければ焦りだけが残ります。

 

お金がかかる

転職活動は、意外にお金がかかるもの。

転職先までの交通費や履歴書など、長引けばそれだけ出費も大変です。

また、県外へ転職を考えている方は宿泊費や時間調整のためのカフェ代も必要になるでしょう。

アンサーちゃん
転職活動をするためのスーツや靴などもなければ準備が必要です。

あまりのんびりとしていると出費がかさみ、年収をあげたいと思っているのにその前に貯金がどんどん崩されていくことに・・・

 

転職活動を諦めることで後悔することもある

転職活動を諦めたくなる理由を挙げましたが、実際に諦めることで後悔することもあります。

転職活動を諦めるることで楽になることもありますが、以下のように後悔することも考えて行動することが大切です。

 

転職を諦めたところで、転職したい気持ちはなくならない

アスクちゃん
転職が決まらないと諦めようかなと思ってしまう。でも転職した気持ちは変わらない。

「転職が決まらないから諦めよう」と考える方もいますが、そもそもの転職したい気持ちまでは諦めることはできまいでしょう。

転職を考えた理由は、

  • 休みがない
  • 待遇が良くない
  • 給料が安い
  • 人間関係が良くない

など、それぞれの理由があると思います。

このような不満やストレスがなくなることはないので、自分のペースでやりがいや楽しさを感じられる仕事を見つけることが有効な方法です。

 

諦め癖がついてしまうこともある

いとど諦めてしまうと、諦め癖がついてしまう可能性があります。

一度頑張ろうと意気込んで最後までやり遂げられないこともありますが、自分が納得して諦めるのと、「もうダメだ。」と諦めることは違います。

  • 第一志望の面接がうまくいかなかった
  • 否定的な言葉を言われた
  • 自分にあった求人を見つけることができない

このような理由で諦めていませんか?

諦め癖がついてしまうと、仕事に対してもモチベーションが上がりません。

数回のチャレンジで失敗したとしても、何度も諦めようか悩んだ方もいるでしょう。

しかし、そのような経験は次のステップアップへと繋がります。

先にも述べたように、転職に成功する割合は30〜50%です。

少しの失敗ではめげずに、自分で納得できるくらいまで挑戦することも重要です。

 

転職活動を諦めるのではなく、見直すこと

転職活動を見直すには、

  • 自分がやりたいことについて考える
  • 自分が持っているスキルや強みについて考える
  • 生活について考える

転職したいと思ったきっかけをもう一度考えてみましょう。

自分が持っているスキルや強みと目標がマッチしていない場合、転職が難しいかもしれません。

しかし、未経験でも採用してくれる企業はありますので、アピールする切り口を見直す必要があります。

また、転職活動をする中で生活が苦しくなっているなら、一度派遣やアルバイトを検討してみることも方法の一つです。

生活が苦しくなることで焦りやストレスになり、思うような転職活動ができない場合もあります。

 

転職を諦めない方がいい人はどんな人?

アスクちゃん
転職をするって決めたけどなかなか決まらないし、今後どうしようか迷う・・・諦めた方がいいのかな?

転職活動を長期にわたり続けていると「諦めた方がいい」「自分には向いていない」と悩むことがありますよね。

しかし、悩みによっては転職を続けた方がいい場合もありますので、その特徴についてご紹介します。

 

転職理由が明確にある

「転職して年収をアップさせたい」

「自分の夢を実現するために転職したいと思った」

このように、自分のやりたい事が明確になっている人は、転職を諦める事なく続けた方がいいでしょう。

目標がある人はモチベーションの維持もしやすく、目標達成のために行動する事ができます。

アンサーちゃん
目標が明確でない人は、まずは目標設定から取り組んでみましょう。

目標設定とは、

  • なぜ転職したいと思ったのか
  • どんな職場で働きたいのか
  • プライベートを充実させたい
  • やりがいのある仕事を見つけたい

このように、自己分析してみる事で目標を明確にする事ができます。

 

キャリアアップを目指している人

転職活動を始めたきっかけが、キャリアアップを目指している人も転職活動をやめるべきではありません!

キャリアアップは、自分自身の成長のために行う事です。

「自分は過小評価されている気がする」と感じるなら、転職活動を諦める事なく続けましょう。

「転職して給料が上がった」という声もたくさんあります。

 

転職をする方がメリットがある

転職をする方がメリットがあると感じている人も、転職活動を諦めるべきではありません。

今の会社に不満がある・ストレスを感じる・パワハラを受けているなど、転職したい理由があるはずです。

「仕事をしていればストレスを溜めるなんて当たり前だよね・・・」

と感じて仕事をやめない人もいますが、身体や精神的に辛い場合も転職を考える方は多いでしょう。

ストレスで転職をする事自体甘えではありませんし、一つの選択肢として自分を守るべきです!

健康な身体・元気な心があってこその仕事なので、自分を第一に考える事が最も重要です。

 

転職を諦めた方がいい人

中には、転職を諦めた方がいい人もいます。

その特徴について解説します。

 

転職理由が明確でない人

アスクちゃん
そろそろ転職しようかな、と考えていただけで明確な理由は特にないかな・・・

転職理由は人それぞれですが、なかなか決まらない理由に「転職理由が明確でない」という事が挙げられます。

転職理由がはっきりと決まっていないなら、まだ転職時期ではないかもしれません。

また、転職先が決まったとしても「そろそろ・・・」と同じ理由で職を転々とすることになりまねません。

仕事に対しても目標や、目的を持って次の職場を探すことが長く続けられる秘訣です。

 

デメリットが増えてしまう人

転職することによってデメリットが増えてしまう人も、転職を諦めた方がいいでしょう。

そもそも、デメリットが増える会社に行く必要はありません!

自分に対して負担が多くなる・給料が下がるなどを考えると、転職は最善の策ではないと言えます。

 

転職が決まらずに諦めるなら、まずは理由を見つけてみよう!

転職が決まらないなら、自分を振り返ってみることも重要です。

転職は思いつきでするものではないため、

  • 転職したいと思ったきっかけ
  • 目標
  • 条件
  • 転職理由

このようなことをよく考えて、自分に合った職場を探す事が重要です!

関連記事無職期間が続くと絶望と不安の波が押し寄せる。自分との戦いと対処法で次のステップへ!

無職の期間は誰もが不安を感じるものでしょう。 無職期間が長いことで絶望の波も押し寄せてきて、「人生どん底・・・」と思うこともあります。 このような悩みを持っている方は、まずは自分自身をもう一度見直すこ ...

続きを見る

-転職
-