転職

次を決めずに退職したらダメ?20代と30代は違う!メリット・デメリットについて把握しよう

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

「仕事を辞めたい」

「次の仕事が決まっていないのに、退職してもいいのかな?」

次が決まる前に退職したいと思っていても、先が不安でなかなか仕事が辞められない人は多いはずです。

仕事をしているとストレスが溜まり、限界に達すると次の仕事を決めずに退職したいという気持ちにもなりますよね。

次の決めずに退職することに対するリスクは、年代ごとに異なります。

若い方が後先考えずに行動をしてもなんとかなるものです。

メモリー
実際に私は、先を決めずに退職をし無職期間だったことがありましたが、20代の若かりし頃の話。。やってみよう!という気持ちで次に進むことができました。

しかし、年齢を重ねるにつれて慎重に行動した方がいい場合もあります。

こちらでは、次の決めずに退職するメリット・デメリットについて解説します。

 

次を決めずに退職するのはいいの?

次の決めずに退職することはアリなのかについて解説します。

ただし、次を決めずに退職することは年代別に異なりますので、それぞれの理由についてもみてみましょう。

 

20代ならアリ!

結論からお伝えすると、20代の若いうちは次を決めずに退職してもなんとかなるものです。

特に、1度社会人経験をしている20代は企業側も積極的に採用をしている傾向にあるので、仕事自体はすぐに決めることができます。

企業側が20代を採用する場合、その人が持っているスキルや潜在能力を発揮させ、一人一人のキャリアを育てることで企業に大きく貢献してくれることを期待しているのです。

しかし、将来設計を考えずにただ仕事を探していると、転職に失敗することもあります。

せっかく採用してくれた企業に対し、「自分が思っていたのと違った」ことでまた退職の道を選ばないように、将来のプランを立てることが重要です。

アンサーちゃん
“辞めたい”と考え始めてからすぐに退職を選ぶのではなく、一度冷静になって自分自身を見つめてみましょう。冷静になると退職ではなく違った選択肢が見つかることもありますよ。

 

30代以上は明確な将来設計が必要

30代以上になると、次を決めずに退職することはかなりリスクが高いと言えます。

30代はそれぞれが仕事に対するキャリアを形成していますが、企業が求めるキャリアや条件と合わなければ転職は厳しいものになります。

20代は積極的に採用していても、30代の採用は慎重になる企業が多いのです。

企業側も30代以上の転職者も、お互いが失敗したくないという思いがあるのでしょう。

このようなことから、30代以上で転職を考えるならしっかりと将来設計を考え、慎重に行動することが大切です。

具体的には、

  • 将来どのように働くか
  • スキルをどのように活かすか
  • キャリアアップを考えているのか
  • 給料について

などについて考えてみましょう。

 

次を決めずに退職するメリット

アスクちゃん
次を決めずに退職するメリットはある?不安が強くメリットはなさそうに感じる。

次を決めることなく退職することに不安がある人は多いでしょう。

しかし、次を決めずに退職することで次のようなメリットがあります。

 

ストレスから解放される

まずは、仕事に対するストレスからの解放です。

このメリットが一番大きいのではないでしょうか。

仕事から離れることで自由な時間が増え、自分のやりたいこと・行きたい場所など好きなことが全て叶います。

具体的には、

  • 次の日の仕事を考えなくて良い
  • 寝坊できる
  • 何も考えずに過ごせる
  • 時間が無限にある
  • 上司の目を気にしなくて良い
  • 気持ちに余裕ができる

まさにストレスフリーになるわけです。

 

精神的に安定する

次を決めずに退職することで精神的な安定も得られます。

ストレスがなくなることと似ていますが、心のゆとりが生まれることで穏やかな生活を送ることができます。

精神的ストレスも疲労が溜まり、身体に変化が出ることもありますよね。

体調を崩したり、食欲不振になったり、そのような不調は精神的な疲労から現れることもあるのです。

しっかりと休養し、精神的にも安定することで次の転職活動も穏やかに進めることができます。

メモリー
精神的な疲労から解放されると表情も変わります。実際に仕事を辞めてから“表情が柔らかくなった”と言われることが増えました!

 

次の転職の準備ができる

次を決めずに退職することで、自分の自由な時間が増えます。

そうすることで、転職活動の時間も十分にとることができます。

仕事を辞めてから転職活動をすることで、時間に追われることもなく平日や日中の時間でも調整可能です。

また、企業からの連絡などもスムーズに対応できるので、転職活動も効率的に進むでしょう。

 

キャリアチェンジができる

次を決めずに退職することで、キャリアチェンジにも挑戦することができます。

未経験の職種に挑戦するには、必要なスキルや知識・技術を身につけておくと転職に有利になります。

すでにやりたい仕事が決まっているなら、業界研究をしたりや資格取得のために効率的な時間の使い方ができるでしょう。

無職期間が長いことで転職が不利になることもありますが、資格取得のための勉強を行なっていた・スクールに通っていたなどの理由を伝えることで不利にはなりません。

 

20代が次を決めずに退職するデメリット

20代で次を決めずに退職するデメリットについて解説します。

 

生活が不安定になる

次の仕事を決めることなく退職することで、収入がなくなることがデメリットになりますよね。

貯金を切り崩しながら生活することになるので、今までのような生活とは異なるものになるでしょう。

無職期間が長く続けば続くほど貯金は減る一方。

徐々に生活が苦しくなることは常に考えながら、次の転職活動を進めていかなければいけません。

 

転職活動が面倒に感じる

反対に、無職期間が長くなることで転職活動が面倒になることも考えられます。

仕事をしないことでストレスフリー状態が続くと、「またストレスが貯まる」と思うと仕事をしたくなくなりますよね。

しかし、お金がなくなることを考えると何かしらの仕事をしなくてはいけません。

そんな時は、在宅ワークや簡単なバイトから始めてみるのもいいでしょう。

 

転職先が決まらないことへの焦り

転職活動をしているのに、なかなか決まらず焦ってしまうこともあるでしょう。

お金がなくなるギリギリまで無職でいると、焦って転職活動をしなければなりません。

仕事をしないことで精神的にはラクになりますが、お金がなくなることでまたストレスになるので転職活動も同時に進めておくことが大切です。

 

20代が次を決めずに退職する前に準備すること

次を決めずに退職するなら、生活プランなどの前準備を整えておくことも重要です。

退職することが決まっているなら、次のことを準備しておき退職後にスムーズに動けるようにしておくことがおすすめです。

 

生活プランを立てる

退職後の生活プランについては、大まかに考えておくことです。

「退職してから考えよう」「なんとかなる」と思っていても、いざ退職をすると「やる気が出ない」「やりたくない」となることも想定されますよね。

アンサーちゃん
退職をした開放感から仕事に関することは考えたくないものです!でも、後回しにすると大変ですよ。。。

退職後に考えておくといいことは、

  • 次の転職先について
  • 転職活動プラン
  • 給料
  • 今の貯金について
  • いつまでに転職するのか

などについて考えておきましょう。

特に、次の転職先とお金のことについてはきっちりと決めておくといいでしょう。

 

転職サイトにいくつか登録しておく

転職活動を始める前に、いくつかの転職サイトに登録しておくこともおすすめです。

退職してから始めようと思っても、なかなか重たい腰を上げることができない人が多いです。(私はそうでした・・・)

事前に登録しておくと、あとは気軽に求人を見れるので少しずつ見ておくといい求人を逃すこともないでしょう。

初めから一つに絞るのではなく、2〜3サイトの求人情報を登録しておくことがおすすめですよ。

 

健康保険・年金などの切り替え手続きをしておく

退職してから無職期間がある場合、健康保険と年金の切り替えをしなくてはいけません。

企業に勤めている時は社会保険や厚生年金に加入していますが、無職になることで加入資格がなくなります。

また、社会保険や厚生年金の場合会社が負担してくている分がありますが、無職期間は自分で支払うため負担が増えることになります。

アスクちゃん
負担が増えるならすぐに切り替えをしない方がいいの?

退社後すぐに切り替えをしなくても、切り替え日から退職日まで日にちをさかのぼることになるので保険料を納める金額は変わりません。

また、年金も切り替え手続きを行います。

年金については、失業中は免除申請を行うこともできますので、期間に合わせて必要な申請を行いましょう。

保険証の切り替えに必要な書類

  • 健康保険資格喪失証明書
  • マイナンバーカード(通知書)
  • 本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)
  • 保険料口座振替用のキャッシュカード(通帳・届出印)

 

年金切り替えに必要な書類

  • 退職日がわかる証明書
  • 木曽年人番号が分かるもの
  • 本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート・マイナンバーカードなど)

退職日が分かるものに関しては、雇用保険被保険者離職票や雇用保険受給資格者証・社会保険資格喪失証明書・退職辞令書・退職証明書などがあります。

 

ハローワークを利用する

ハーローワークを利用し失業保険の手続きも行っておきましょう。

会社都合で退職した場合でない限り、2ヶ月間の給付制度を利用することができます。

その条件として、

  • 退職前の2年間、雇用保険加入期間が12カ月以上ある
  • 再就職する意思がある
  • 現在失業中である

この3つの条件を満たしていることで、給付が可能です。

無職中は収入がなくなるので、失業保険を生活費の足しとして利用することがおすすめです。

退職してから給付まで期間があるので、なるべく早めに手続きを行うといいでしょう。

 

次を決めずに退職するのもアリ!でもスムーズに進めるなら退職前に転職活動をすることが◎

次を決めずに退職するのもアリです。

しかし、退職してしまうと次の転職活動がなかなか進まない可能性もありますので注意しましょう。

自分の性格を理解した上で、退職してから転職活動ができるのか、無職期間が長くならないか、ということを考えてみましょう。

一人で転職活動が難しいなら、転職エージェントなどのプロに相談してみましょう。

 

関連記事無職期間が続くと絶望と不安の波が押し寄せる。自分との戦いと対処法で次のステップへ!

無職の期間は誰もが不安を感じるものでしょう。 無職期間が長いことで絶望の波も押し寄せてきて、「人生どん底・・・」と思うこともあります。 このような悩みを持っている方は、まずは自分自身をもう一度見直すこ ...

続きを見る

 

関連記事転職が決まらなくて焦る原因は?うまくいかない・面接に疲れた時に実践すること

転職活動をしていると、上手くいかないことが続くこともあります。 なかなか決まらずに「自分を必要としてくれる企業はないのでは・・・」、「既に仕事を辞めてしまっているから余計に焦る」など悩みが増えますよね ...

続きを見る

-転職
-