転職

転職失敗で無職になった人が絶望から抜け出す方法。リスク回避もすべき

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

転職は、希望する職種や条件に合う求人を見つけ、面接や選考を通じて内定を勝ち取ることです

しかし、転職に失敗した場合は、無職になる可能性も考えなくてはいけません。

アスクちゃん
転職に失敗して無職になったらどうしよう・・・と悩んでいるとなかなか転職できません。

無職になってしまった場合は、焦らずにまずは自分自身を客観的に見つめ直すことが大切です。

自己分析やスキルチェックを行い、改善点を把握しましょう。

また、転職活動を行う上での反省点や改善点も見つけ、次の転職活動に活かすことができます。

こちらでは、転職に失敗した際にやること・注意点・リスクについてご紹介します。

そして、無職期間中には、自己啓発やスキルアップのための勉強や習得、ボランティア活動やインターンシップなどの経験を積むこともできます。

 

転職に失敗して無職になってしまったら?

「転職に失敗したらどうしよう」

転職を考える人は、こんな悩みを抱える方が多いと思います。

転職に失敗して無職になったことを考えると、転職への一歩が踏み出せませんよね。

まずは、転職して無職になった場合の対処法についてご紹介します。

 

失業手当やハローワークを利用する

失業手当やハローワークは、日本国内で失業者が受けられる支援制度です。

失業手当とは、雇用保険に加入している方が、雇用の継続が困難になった場合に、一定期間受け取ることができる給付金です。

具体的には、

  • 雇用保険の被保険者であること
  • 勤続期間が一定期間以上であること
  • 求職活動を行うこと

以上が条件となります。

受給期間は、保険料の支払い実績によって異なりますが、最長で330日間受給することができます

ハローワークは、国が設置する公共職業安定所のことで、求職者の就職支援や企業の人材募集支援などを行っています。

具体的には、

  • 求人情報の提供
  • 履歴書や職務経歴書の作成指導
  • 面接対策
  • 職業紹介や就職調整
  • 職業訓練の紹介

などがあります。

また、就職が決まった場合には、失業手当の支給手続きも行っています。

 

自己分析をしてみる

失業した場合、自己分析をすることは再就職活動において非常に重要です。

自己分析は、自分自身の強みや弱み、興味や価値観、適性や能力などを客観的に見つめ直すことで、自己理解を深め、再就職活動の方向性を明確にすることができます。

アンサーちゃん
自己分析の手順は次のように行ってみましょう。
  • 自己認識の整理
  • 市場調査
  • 自己PRの作成
  • 求人情報の収集
  • 就職活動の計画立案

自分自身の価値観や強み・弱みについて分析してみましょう。

そして、自分自身がどのような業界や企業で求められているのか、自分のスキルはどこで活かせるのかについて分析することも重要です。

また挑戦してみたいこと・興味があることなどについても自分自身に問いかけてみましょう。

この段階で自己PRができると思います。

アンサーちゃん
自分の強みや持っているスキルなどを把握し、文章にしてみましょう。このような内容は履歴書や面接でも使える内容です。

 

これまでの経験を活かして働ける場所を探す

自分の経験やスキルを活かして、新しい職を探すことは、再就職活動において非常に有益です。

経験を活かして就活をする具体的な方法はこちらです。

  • 過去の経験やスキルを整理する
  • 自己PRを作成する
  • 求人情報を収集する

職務履歴書を作成する

アンサーちゃん
自己PRを作成する際には、簡潔にまとめること分かりやすい文章にすることが重要です。

職務経歴をまとめる際は、具体的に記載すること・アピールポイントを強調することが重要です。

これらの情報を元に、自分あった職を探してみましょう。

探し方はハローワークや求人情報サイトだけでなく、知人や先輩にアドバイスをもらうこともできますよね。

広く探すことで選択肢は無限にあります。

自分の強みを活かせる仕事、興味がある仕事について検索してみましょう。

 

アルバイトなどで無職中の生活費を稼ぐ

無職中にアルバイトで生活費を稼ぐことは、再就職活動や将来のキャリア形成のためにも有益な経験となります。

ただアルバイトをするだけでなく、就職する際の経験やキャリアアップに繋がるようなバイトを探すことも意識しましょう。

具体的な方法としては、

  • バイト探しをする
  • 自分に合ったアルバイトを選ぶ
  • 勤務条件を確認する
  • 真面目に働く
  • 貯金をする

以上のように、アルバイトで生活費を稼ぐためには、自分に合ったアルバイトを選び、真面目に働き、定期的に貯金することが大切です。

また、アルバイトを通じて人脈を広げたり、自分の成長の機会を得たりすることもできます。

再就職活動や将来のキャリア形成につながる貴重な経験として、アルバイトを活用していきましょう。

 

転職に失敗しないためには?無職を回避する方法

転職に失敗しないための方法についてご紹介します。

転職をする際には、できるだけ無職期間なくスムーズに進めたいですよね。

そんな時には、転職前に以下のことを意識して行動しましょう。

 

在籍中に移籍先を決めておく

転職を考える際に、次の移籍先を決めておくことは重要です。

その理由については次のようなことが考えられます。

  • 転職活動の方向性を明確にすることができる
  • 転職活動の期間を短縮できる
  • 今後のキャリアアップに繋がる職場を選ぶことができる
  • 自分自身の不安やストレスを軽減できる
アンサーちゃん
自分の今後の方向性を明確にすることで、実際に転職活動でスムーズに行動することができます。また、時間の短縮・効率化を測ることもできるので無駄に過ごす事もなくなるでしょう。

以上のように、転職前に次の移籍先を決めておくことは、転職活動を円滑に進めるためにも有益であり、自分自身のキャリアアップに繋げることができます。

 

ある程度のやりたいことを決めておく

自分の中でやりたい事・興味のあることについて決めておく事も重要です。

転職は「これまでの経験やスキルを活かした仕事がしたい」という方が多いでしょう。

そんな中で、全く何も考えずに会社を退職してしまうと次の方向性を決めるまでに時間がかかり、焦りを感じてくるでしょう。

そういったストレスを抱えないためにも、在職期間中にある程度の方向性を決めておくと転職が楽になります。

 

転職に失敗して無職になったときの注意点・リスク

転職失敗した際には、精神的ダメージが大きいはずです。

こちらでは無職になった際の注意点とリスクについてまとめました。

 

注意点①仕事先を焦って決めないこと

就職先を焦って決めてしまうことは、将来的に後悔する可能性がある行動です。

特に、自分のキャリアに合わない企業や仕事を選んでしまうと、仕事のやりがいや成長が得られず、ストレスや不満を感じることにも繋がります。

そのため、就職活動をする際には、以下の点に注意することが重要です。

  • 自分の希望や目標に合わせた企業を選ぶ
  • インターンシップ や説明会などを利用する
  • 時間に余裕を持って就職活動をする
  • 周りの意見に左右されない

このようなことに気をつけることで、自分に合った就職先を見つけることができるでしょう。

 

注意点②成功者と比較をしないこと

転職成功者と比較することは、自分自身の評価を下げたり、不安やストレスを引き起こすことがあります。

成功者と比較をすると、自分自身の能力や経験に自信が持てなくなってしまいますよね。

一方で、成功者の経験やアドバイスを参考にすることは、転職活動をする上で有益なことです。

  • 成功者がどのような行動をして転職に成功したのか
  • どのようなスキルや経験が必要だったのか

などを学ぶことで、自分自身の転職活動の戦略やアプローチを改善することができます。

つまり、転職成功者と比較することそのものは問題ではありません!

しかし、自己評価を下げたり、不安やストレスを引き起こすことは避けるべきです。

成功者の経験やアドバイスを参考にしながら、自分自身が持っている能力や経験を活かし、自信を持って転職活動を進めるようにしましょう。

 

リスク①無職期間が長いことで貯金が減っていく

無職期間が長いことで貯金がなくなる不安は誰もが感じることでしょう。

しかし、このような状況になった場合でも、焦らずに対処することができます。

アルバイトフリーランスの仕事など、短期的に収入を得ることができる仕事を探すことで、貯金を切り崩すことが減らせます。

また、社会保険や税金の手続きにも注意しましょう。

そして、経済的な不安を軽減するために、家計の見直しをすることも考えてみましょう。

節約や支出の見直しを行うことで、貯金を切り崩す必要が減らせます。

 

リスク②転職活動に対して無職期間が長いと不利になる可能性もある

無職期間が長いと、転職活動において不利になる場合があります

一般的に、就業中に転職活動をする場合に比べて、企業側からの評価が低くなることがあるからです。

アンサーちゃん
しかし、必ずしも不利になるわけではありませんので安心してくださいね。

転職において重要視されるのは、その人のスキルや経験、人柄など、今までのキャリアに関わる資質です。

無職期間中に自己成長やスキルアップを積極的に行っている人は、その期間が短くても、有利になることがあります。

具体的には、無職期間中に、

  • 専門スキル・語学力などを磨くための勉強
  • 資格取得などの自己投資を行う
  • ボランティア活動
  • 趣味に没頭する

など、自分自身を成長させることができます。

また、これらの活動は、転職活動の際に自己PRとして活用できます。

さらに、無職期間中には、アルバイトやフリーランスの仕事など、短期的に収入を得ること、積極的にネットワークを広げることも重要です。

転職エージェントや求人サイト、SNSなどを活用して、情報収集を行うとともに、人脈を作っておくことが大切です。

 

転職に失敗して無職になる人はどんな人?

転職をして無職になる人の特徴について解説します。

自分が当てはまっていないか、当てはまる部分があるなら一つ一つ解消することを意識しましょう。

 

先のことを考えずに退職してしまう人

先のことを考えずに転職をしてしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • またすぐに転職しなければならなくなる可能性がある
  • 給与面や福利厚生で不利になる場合がある
  • 選択肢が限られる可能性がある

以上のように、先のことを考えずに転職をしてしまうと、将来的に不利益を被る可能性があります。

転職を考える際には、現在の状況だけでなく、自分のキャリアプランや将来像を考慮した上で、慎重に判断するように心がけましょう。

 

自己分析ができていない

自己分析は、転職をする際に非常に重要な要素です。

自己分析をすることで、自分自身が求める仕事や職場の条件、自分自身の強みや弱みを理解し、それに基づいて転職活動を進めることができます。

具体的には、以下のような自己分析を行うことが重要です。

  • 自分自身の強みや弱みを理解する
  • 自分自身の価値観を明確にする
  • 自分自身のキャリアプランをたてる

このように自己分析を行うことで、自分自身にとって適した転職先を見つけることができます。

自己分析は、転職活動を始める前に行うことがおすすめですが、転職活動中でも常に自己分析を意識して、適切な転職先を見つけるようにしましょう。

 

将来のプランを立てていない

転職の際に将来のプランを立てていないことで次のようなリスクがあります。

  • 目的が明確でない
  • 自分自身のキャリアアップが遅れる
  • 長期的なキャリアプランが立てられていない

将来のプランを立てていないと、転職活動中に様々な問題が生じる可能性があります。

アンサーちゃん
今だけではなく将来を考え、自分がどうなりたいか・何をしたいかを考えてみましょう。

将来のプランを立てる際には、自分自身が将来どのようなキャリアを築きたいのかを考え、そのために必要なスキルや知識を身につけるための転職を行うことが重要です。

また、プランは変化する可能性があるため、柔軟に対応していくことも必要です。

 

【転職失敗】無職期間中にできること

転職に失敗して無職になった場合、無職期間中にできることについてご紹介します。

何もせずに就活をするよりも、自分のキャリアアップに繋がる行動を取ることで就活をスムーズにすることができます。

 

スキルアップのための資格習得

無職中に資格を習得することは、転職活動において有利に働くことがあります。

まず、資格を持っていることで、自己PRの材料として使うことができますよね。

また、その資格を持っていることで、就職先の選択肢が広がる可能性もあります。

さらに、資格を取得することで、自分自身がスキルアップすることができ、転職活動中に自信を持ってアピールすることも可能になります。

ただし、無職中に資格を習得する際には、以下のようなポイントに注意することが大切です。

  • 転職先で必要とされる資格を取得すること
  • 習得に日長な費用や時間を確保すること
  • 実際に就職先で役立つかどうかを考慮すること
アンサーちゃん
今後どのような仕事につくかにより習得する資格が異なりますので、事前に調べておく必要がありますね。また、就職先で役に立つのか、自分自身のスキルアップに繋がるのかという事も考慮しつつ選ぶ事も重要です。

 

ボランティア活動をしてみる

ボランティア活動を通じて、社会貢献活動に取り組んでいることをアピールすることができます。

また、ボランティア活動を通じて、コミュニケーションスキルやチームワークなどのスキルを身に付けることもできますよね。

これらのスキルは、転職活動において求められることが多く、自己PRの材料として使うことができます。

さらに、ボランティア活動を通じて、新しい人脈を築くこともできます

新しい人脈を通じて、転職活動において情報収集や紹介を受けることができるため、就職先を探す上で有利に働くことがあります。

ボランティア活動を行う際の注意点として

  • ボランティア活動に費やす時間を転職活動にも確保すること
  • 転職先で役立つスキルを身につけることができるかどうか

ボランティア活動を一生懸命行うことはとてもいいことですが、転職活動が疎かにならないように注意しましょう。

両立が難しい場合は、転職活動を中心にすることがおすすめです。

 

インターンシップに参加する

インターンシップを通じて、実践的な経験を積むことができます

そのため、転職活動において実務経験がない場合でも、インターンシップで得た経験をアピールすることできるでしょう。

また、インターンシップを通じて、新しいスキルや知識を身に付けることもでき一石二鳥です。

新しい人脈を通じて、転職活動において情報収集や紹介を受けることができるため、就職先を探す上で有利に働くことがあります。

インターンシップに参加する際の注意点は、

  • インターンシップ先が自分が磨きたい職種や業界と関連しているか確認すること
  • 期間や費用などを考慮する

特に費用面は注意が必要です。

あくまでも無職中であることを意識して、インターン先を決める必要があります。

 

転職をするならチャレンジ精神も大切!

転職に失敗して無職になってしまったら・・・と考えると不安になりますよね。

もし無職になってしまったら、失業手当てやハローワークの活用をして焦らず慎重に転職活動を行いましょう。

自分を客観的に考え、どのようなスキルや経験を持っているのか、興味がある分野はなんなのか、将来につながる仕事とは、ということを考えながら行いましょう。

無職になってしまっても、自分のスキルアップに向けてインターンシップに参加したり資格を取ってみたり、いろいろな挑戦をする期間として考えることもできますよね。

焦らず、自己分析をしながら自分に合った職場を探してみましょう。

-転職
-