転職

40代の転職が決まらない原因?失敗しやすい人の特徴と成功させるコツを紹介

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

「40代の転職ってなかなか決まらない。やっぱり年齢が原因かな?」

「40代で転職が決まらないのは他に原因があるのか?」

転職を決意したのに、なかなか決まらずに焦っている40代の方。

転職が決まらない原因はいくつかありますが、今回は40代の転職が決まらない理由について解説します。

転職は誰もが経験することではありませんが、最近では働き方を見直す方も増え転職を考える人が多い傾向にあります。

しかし、「想像していたよりも転職って大変」と感じる方も多いでしょう。

  • 40代の転職が決まらない原因
  • 転職が決まらない人の特徴
  • 40代の転職を成功させるコツ

こちらの内容についてみていきましょう。

 

40代の転職が決まらないのはなぜ?原因を解説

40代の転職が決まらない原因は次のようなことが考えられます。

転職が決まらないことで焦りや精神的な疲れを感じてしまいやすいですが、原因がはっきりとわかると対処することができますので参考にしてください。

景気に左右されてしまう

アンサーちゃん
転職する時期によっては景気に左右されることもあります。自分が原因ではなく企業側の対策として積極的に採用していないことも考えられます。

景気が良い時期は、企業が採用活動を積極的に行い、求人数も増える傾向にあります。

また、景気が良いということは企業が好調である可能性が高く、給与や福利厚生面なども充実していることが多いので求職者にとっては転職しやすく、待遇面でのアップが期待できる場合があります。

一方で、景気が悪い時期は、企業が採用を控えたり、求人数が減少する傾向にあります。

不景気の時期は、企業が業績不振に陥る可能性も高く、転職先での安定性が懸念されることもあるため、企業側が採用を行っていない可能性が高いでしょう。

アスクちゃん
景気の問題でも転職できなければ意味がない!どこでもいいから転職したくなるけど・・・

不景気の時期は、企業が業績不振に陥る可能性も高く、転職先での安定性が懸念されることもあるため見極めが必要です。

ただし、景気の影響はすべての業種や企業に同じように影響するわけではなく、業界や企業によって異なるため自分の興味があること・好きなことに目を向けるようにしましょう。

 

年齢による壁

アスクちゃん
年齢のせいで転職が難しい時もあるよね・・・

40代の転職は、年齢的な面やキャリアの長さなど、いくつかの課題がありますが、必ずしも難しいとは言えません。

40代の転職者にとって最大の課題は、

  • 年齢による差別的な考え
  • 若手志向の企業が多い

という点です。

また、40代という年齢層は、経験やスキルがある一方で、高い年収を得ている場合が多いため、求人ニーズが少なくなる傾向があるのです。

しかし、40代でも、自己PRをしっかりと行い、職務経験やスキルをアピールすれば、転職のチャンスはあります。

アンサーちゃん
「40代だから」と考えるのではなく、これまでに培ったリーダーシップやマネジメント能力などの長所を活かしアピールしてみましょう。また、業界や企業のニーズに合わせたスキルアップを図ることも重要ですよ。

 

転職に対する意識が低下してしまう

アスクちゃん
転職に疲れた・・・

このような悩みは、40代に限らず誰にでも起こり得ることです。

転職に対する意識が低下してしまう理由は以下のことが考えられます。

  • 転職の必要性を感じていない
  • 転職活動の手間や時間が負担に感じる
  • 転職活動に失敗した経験がある

「転職したい」という気持ちを持っていても、現在の職場に対して「決まらなかったらここでもいいかな」という気持ちを持っていることで転職活動に対しての意識が上がらないことが考えられます。

また、転職活動は時間と手間をかけなければいけません。

自分の時間を使って転職活動をする負担が意識低下につながってしまうようです。

アンサーちゃん
転職に対しての意識を高めるには、将来の目標や目的を明確にし、具体的なアクションをとることが大切です。そのために転職支援サービスや求人情報の提供を行っているサービスを活用してみましょう。

 

40代対象の求人が少ない

一般的に、40代以上の求職者は若年層に比べて、求人数が少ないとされています。

これは、以下のような理由が考えられます。

  • 年齢差別
  • 40代以上の転職者に対する企業側の要望の低さ
アンサーちゃん
年齢が高いというだけで採用されないと感じることもあるでしょう。しかし、40代以上の人材を積極的に採用している企業もあります。中には、若い人材を求めている企業もありますので、見極めは重要です。

若手のキャリアアップを目指している企業と40代以上のスキルやキャリアを必要としている企業に分かれますので、転職の際は企業研究をしっかりと行うことがポイントになります。

 

40代の転職が決まらない人の特徴

アスクちゃん
40代で転職が決まらないのは年齢のせいだと思っていた・・・決まらない人はどんな人?

転職活動しているのに決まらないと悩んでいるなら、次の特徴に当てはまっている可能性があります。

これまでの転職を振り返って、当てはまるものがあるか確認してみましょう。

 

求められるレベルやスキルが足りていない

転職に求められるスキルが足りていない場合、その分だけ不利になる可能性があります。

求人に応募する際に必要なスキルセットを持っていない場合、採用担当者から見て適切な候補者として評価されづらくなるのです。

しかしながら、必ずしもすべてのスキルを持っている必要はありません。

求人の要件に一部満たしていない場合でも、他のスキルや経験、人物面での魅力などでカバーできる場合があります。

また、スキルを習得するための意欲や努力があることをアピールすることも非常に重要なポイントです。

 

実績にとらわれている

転職の際に過去の実績に囚われすぎると、転職ができない可能性があります。

過去の実績は、自己アピールのために有効な材料となりますが、それが全てではありません。

アンサーちゃん
過去の実績に囚われすぎることで、自分のスキルや経験が他の分野で活かせるのか、転職先での成果や貢献が見込めるのかということに目がむかなくなってしまいます。自分の可能性を広げることも視野に入れながら転職活動を行うことも大切です。

一方で、過去の実績は自分自身を客観的に評価する上での指標となります。

自己分析や職務経歴書の作成など、自分自身をアピールするために過去の実績を整理し、客観的に評価することは重要です。

過去の実績を振り返り、自分自身が持つスキルや経験をしっかりと認識し、それを新しい職場で生かせるようにアピールすることが、転職成功のコツとなるでしょう。

 

仕事に対するブランクがある

転職する際に仕事にブランクがあると、不利になる可能性があります。

ただし、ブランクがあることが必ずしもネガティブな評価を受けるわけではありません。

ブランクがある場合に不利になる理由は、次のようなものが考えられます。

  • 現在の職種や業界で最新の技術や知識が身についていないことが懸念される
  • ブランク中に自己研鑽や学びがなかった場合、新しい職場でも同様の状態が続く可能性がある
  • ブランク中に自己啓発活動やボランティア活動などの経験を積んでいなかった場合、積極性や意欲が不足しているとみられる可能性がある
アンサーちゃん
しかし、ブランクが必ずしもネガティブに捉えられるわけではありません。

例えば、以下のような場合にはプラスとなる可能性があります。

  • ブランク中に自己研鑽や学びを積極的に行っていた
  • ブランク中に子育てや介護、海外経験などを経験していた

このような経験を積んでいた場合は、成長意欲があることを評価してくれることもあります。

 

仕事の面接をする際の身なりが整っていない

仕事の面接で身なりを整えることは非常に重要です。

身なりは自己管理能力や、自分自身や周囲の人々に対する敬意を示す方法の一つです。

適切な服装や清潔さはプロフェッショナルであり、自信を持っていることを示すことができます。

また、仕事の面接では、あなたが自分自身を最高の状態で提示することが求められます。

自信を持って、自分自身をアピールすることができると、採用担当者はあなたを将来の成功につながるポテンシャルを持つ候補者として見ることができます。

アンサーちゃん
「綺麗な服装をすればいい」ではなく、企業や会社の文化に合わせることが大切です。そうすることで企業側のも、あなたがその企業に適していると判断してくれるでしょう。

 

給与面などのこだわりが強い

転職において、給与面やその他のこだわりが非常に強い場合、転職に成功しないことも考えられます。

これは、希望条件が市場価値や業界標準から大きく外れている場合、または競争が激しい業界である場合が多いです。

アスクちゃん
でも、給料や福利厚生などは希望通りにしたいという気持ちはある。

仕事は自分の生活に直結することなので、あまり妥協はしたくないですよね。

一方で、給与面やこだわりが強いということは、自分自身の価値や目標を理解しているということでもあります。

そのため、転職活動の際には、自分自身が求める条件を明確にし、それに基づいた転職活動を行うことが大切です。

アンサーちゃん
あまり条件を求めすぎるのはいけません。転職先の選択肢が限られてしまうこともあるため、ある程度の柔軟性は持ち合わせながら行うことを意識しましょう。

 

40代が転職を成功させるためのコツ

アスクちゃん
40代で転職を成功させるにはどうすればいいの?

せっかく転職するならスムーズに進めたいですよね。

転職活動を短くするために、成功させるためのコツをしっかりと把握しておきましょう。

 

希望の企業先の情報収集をする

転職を考えている場合、転職先の企業の情報収集は非常に重要です。

アンサーちゃん
転職は自分自身のキャリアに大きな影響を与えます。転職先の企業が自分にとって最適であるかを判断するために情報収集をしっかりと行いましょう。

転職先の企業の情報収集が重要な理由は以下のことが考えられます。

  • 企業の文化や価値観について理解する必要がある
  • 企業の業績や将来の見通しを確認する
  • 自分自身が求める働き方かどうかを確認する
  • 企業の評判や口コミを確認する

自分自身の目標に合わない場合は、モチベーションにも繋がるのでしっかりと情報収集することが重要になります。

また転職先の企業が将来どのように成長するか、安定して働くことができるのかについてもみてみましょう。

企業の口コミや従業員に話を聞くことができるなら、積極的に聞いてみると参考になります。

 

40代の転職を積極的に行っている企業を選ぶ

40代での転職において、40代を積極的に採用している企業を選ぶことは、一つの選択肢です。

しかし、必ずしも40代を積極的に採用する企業が、自分に合った企業であるとは限りません。

転職を考える場合、自分自身が希望する条件やキャリアプランに合致する企業を選ぶことが重要ですよね。

40代であっても、自分自身のスキルや経験を活かすことができる企業や、自分が成長できると感じる企業を選びましょう。

また、40代での転職には、一般的に若手層との競争が激しくなる場合もあるでしょう。

そのため、自分自身が持つスキルや経験を積極的にアピールし、その企業にとって自分がどのような価値をもたらすことができるかを明確にすることが必要です。

アンサーちゃん
転職活動において、年齢による偏見を受けることもあるかもしれません。しかし、そういった偏見をに真に受けることなく、自分自身をアピールする努力や求職者としての自信を持つことも大切ですよ。

 

こだわりすぎないこと

転職を考えている場合、自分が求める条件や希望する環境に合わせて、慎重に選択することが重要です。

しかし、こだわりすぎると、転職活動が長引いたり、条件に合う求人が見つからなかったりする可能性があります。

こだわるポイントによっては、妥協することが必要になる場合もあります。

例えば、

  • 待遇面
  • 勤務時間
  • 職種
  • 企業規模
  • 立地

求職者にとって非常に重要な要素である場合は、妥協しない方が良いかもしれません。

しかし、その他の条件については、少し柔軟に考えることで、選択肢が広がる可能性があります。

また、自分が転職を希望する理由や目的を明確にしておくことも大切です。

転職先で何を得たいのか、何を実現したいのかを考えることで、どのような条件を妥協しても良いのか、どこまで譲れないのかを判断することができます。

 

マイナスな理由を並べない

転職の際に、過去の職場でのマイナスな部分を隠したり出さないようにすることは、面接官に良い印象を与えるかもしれませんが、長期的に見れば不利になる可能性があります。

なぜなら、企業側は、新しい従業員となる候補者のことをよく知り、その人がどのような人間性を持っているか、どのような価値観を持っているかを理解したいと考えているからです。

アンサーちゃん
面接でプラスな面しか述べなかった場合、面接官は転職者に対しての詳細を得ることができませんよね。「この人はいい面しか話さない」と印象を与えてしまうため信頼感が低下してしまう可能性もあります。

そのため、面接で過去の職場でのマイナスな部分について率直に話すことが重要です。

マイナスな部分を話す際の注意点として、

  • 自分自身がどのように改善してきたか
  • どのように克服したか
  • 学んだことがあるか

といったポジティブな側面も一緒に伝えるようにしましょう。

それによって、自分が成長し、課題に取り組む能力があることをアピールすることができるでしょう。

 

これまでの経験やスキルを生かせる職業を選ぶ

転職する場合、これまでに習得したスキルを活かすことは、新しい職場で早く成果を出し、職務遂行の成功につながるため非常に重要です。

ただし、スキルを活かすだけでなく、新しい職場で必要なスキルや知識を学ぶことも大切なポイントですよね。

そのため、転職する前に自分自身のスキルセットをしっかりと把握し、自分がどのようなスキルや知識を持っているかを明確にしておきましょう。

そして、求人情報や企業のホームページ、面接時の質問などから、新しい職場で求められるスキルや知識を把握し、それらを自分自身が持っているスキルセットと照らし合わせて、どのような貢献ができるかを考えることが重要です。

 

40代の転職が決まらない時の対処法まとめ

40代の転職が決まらないという原因は、景気や年齢・転職に対する意識などが原因であると考えられます。

求人情報の中には40代が対象になっていることが少ないこともあるので、自分がどのような環境で仕事をしたいのか、将来の目標などを明確にすることが大切ですね。

しかし、こだわりが強いと転職先もすぐに決まらない可能性もあります。

自分の中で絶対に外せないもの、柔軟にできるところを分けて転職活動を進めましょう。

 

関連記事民間から公務員になって後悔したことは?転職した際のメリットも紹介

公務員は民間企業とは違い、ホワイトな印象や安定しているイメージがありますよね。 現代社会において安定を求めている人は多く、民間企業から公務員に転職を考える方も少なくありません。 安定性のある仕事は、周 ...

続きを見る

-転職
-