転職

退職後の転職が決まらない。仕事を辞めてから次を決めるのもアリ!

※こちらの記事はプロモーションを含みます。

アスクちゃん
仕事を辞めたい!でも次の仕事が決まっていないのに辞めていいのか迷ってる。

こんな悩みを抱えている方は意外に多いのではないでしょうか。

「仕事を辞める時は次の仕事が決まってから」と考えることが一般的ですが、ストレスやパワハラなどの理由ですぐに辞めたいという方もいるでしょう。

仕事を辞めてから次の仕事を決めるのはアリなのか、次を決めずに仕事を辞めるメリット・デメリットについていご紹介します。

 

仕事を辞めてから次を決めるのはアリ?

アスクちゃん
今すぐに仕事を辞めたい。でも次が決まっていないから辞めていいのか迷う。

このような不安は、転職を考える際は付き物ですよね。

次が決まってから今の職を辞める方が精神的なストレスもなく、気持ちよく辞めることができます。

しかし、すぐに辞めたい場合や次が決まらずに辞める日が近づいてしまったということもあるでしょう。

こちらでは、次が決まっていないのに仕事を辞めるのはアリなのか、ということについて解説します。

 

仕事が決まっていなくても辞めることはできる

アンサーちゃん
仕事が決まっていないのに退職することに不安がある方も多いと思います。しかし、仕事が決まっていなくても退職すること自体は問題ありません。

「仕事をしないと生活できない」という考えもありますが、精神的なストレスやパワハラなどの問題を抱えている方は、すぐにでも仕事を退職したいと考えるはずです。

そんな時には、退職をしてストレスフリーになった状態で転職活動をした方が、いい転職先が見つかる可能性が高いです。

しかし、退職後に転職活動をする際には、メリット・デメリットをよく確認することも大切です。

退職後に転職活動をするメリットとは、

  • 自分自身に向きかって転職先を見つけられる
  • 転職活動に十分な時間を当てることができる
  • 仕事に対するストレスがない

このようなメリットがあります。

しかし、無職期間が長くなることで転職の際にデメリットを生じることも想定されますので、計画的に行動することが大切です。

 

辞めたい理由をよく考えること

次の転職先を見つける前に退職するなら、「どうして辞めたいのか」「今すぐに辞めなければいけないのか」ということをよく考えてみましょう。

思いつきで退職して退職後に「次どうしよう」と考えるよりも、次の行動が決まっている方が精神的にも安心するでしょう。

アンサーちゃん
仕事を辞める際には、今の貯金がいくらくらいあるか、生活はどれくらいできるのかということについてもよく考えてみてください。

積極的に行動することも大切ですが、先のことについて考えておくことも重要なポイントです。

 

計画的に転職活動をすることが重要

退職後に転職活動をすることを決めているなら、計画性を持って行動するようにしましょう。

退職してから転職先を決めると考えているなら、転職活動についても計画を立てておくといいでしょう。

無計画のまま退職してしまうと、転職先も決まらずに無職期間が長くなる可能性もあります。

 

退職後に転職活動をするメリット

アンサーちゃん
退職後に転職活動をする際のメリットについてご紹介します。

 

自分自身に向き合って転職活動ができる

退職後に転職活動をする際のメリットは、自分自身と向き合って転職先を探せることです。

仕事をしながらでは時間もない中で、転職先を探さなければいけませんよね。

  • 自分がどんな職につきたいのか
  • どれくらいの給料が欲しいのか
  • 福利厚生について
  • 休みは月に何回?

次の転職先を探す際には、自分の中で条件を決めるはずです。

しかし、仕事をしながらでは自分自身と向き合う時間もなく、時間に追われながら転職先を見つけなければいけません。

メモリー
実際に私も仕事を辞めてから転職先を探していました。転職活動をする際に、仕事に対するストレスから解放された状態なので自分自身を見つめ直す時間もあり、いい職を見つけることができました!

 

転職活動において十分な時間を確保できる

仕事をしながらでは、転職活動をする時間が十分に取れません。

自分自身を見つめ直すことはもちろんですが、そもそも転職活動をする時間がないと自分に合った転職先を見落としてしまう可能性もあります。

アンサーちゃん
退職後に転職活動をするなら、時間は十分にあることがメリットです。ゆったりとした気持ちで仕事探しができます。

また、転職先が見つかった際には、面接の日程にも柔軟に対応することができます。

他にも、次の転職先に必要なスキルや資格の勉強の時間を作ることもできます。

キャリアアップに繋がる行動は、次の転職にも有利になるので積極的に行うことが大切です。

 

仕事に対するストレスがない

仕事に対するストレスもなくなります。

仕事に対するストレスはもちろん、転職先がスムーズに見つからなかった時のストレスも合わさり、精神的に疲れてしまうこともあります。

ストレスフリーになった状態で転職活動ができるので、ゆっくりと探すことができます。

 

退職後に転職活動をするデメリット

退職後転職活動を行うデメリットについては、以下のことが考えられます。

 

無職期間が長くなる

退職後に転職活動をするが、上手くいかずに無職期間が長くなることも考えられます。

無職期間が長くなることで、転職先にマイナスなイメージを与えることもありますので注意が必要です。

アンサーちゃん
無職期間が長くなることはダメなことではありません。しかし、ただ自由な時間を過ごすだけでなく、スキルアップのために時間を使うなどすると転職先にアピールすることができます。

 

貯金が減り精神的なストレスになる

無職期間が長くなると、貯金が減り精神的なストレスや負担が大きくなることもあります。

お金は生活をする上で欠かせないものなので、収入がなくなることで焦りやストレスの原因になり転職がうまくいかなくなる可能性もあります。

転職が上手くいきそうにないならば、アルバイトや派遣など少しでも収入を得られる方法を考えましょう。

 

焦りと不安がある

転職が決まらない・お金がなくなるなど、不安が積み重なると気持ちが焦りますよね。

焦りは、良い行動や思考を生み出しません。

気持ちに余裕がある時に転職先を探すこと、余裕がなくなる前に対策を考えることも大切です。

 

退職後に転職が決まらない。不安になる前に転職エージェントを利用しよう

退職後に転職先を探していたが決まらないなら、転職エージェントを利用することが一番です。

退職してから転職先を探すことにストレスがないことや時間に余裕があることなど、いくつかのメリットがあります。

しかし、転職先が見つからない場合、精神的なストレスなどデメリットにも繋がります。

無職期間が長くなることで転職に不利になることもあるので、無職期間が長くなる前にプロに相談しながら転職活動を行うことが一番です。

 

関連記事転職が決まらなくて焦る原因は?うまくいかない・面接に疲れた時に実践すること

転職活動をしていると、上手くいかないことが続くこともあります。 なかなか決まらずに「自分を必要としてくれる企業はないのでは・・・」、「既に仕事を辞めてしまっているから余計に焦る」など悩みが増えますよね ...

続きを見る

関連記事起業に失敗。転職に挑戦する際のメリット・デメリットを解説

「起業に失敗した・・・」 失敗したことは精神的・体力的にもボロボロになるでしょう。 「起業に失敗したからもう仕事はできない」 「何をすればいいのか分からない」 失敗した当時はこのような心情になる方も多 ...

続きを見る

-転職
-